佐藤ひろ美 半生記 第3回:サティアグラハ、そして出会い

 1990年に短大時代の音楽仲間と上京してきた佐藤ひろ美だが、いきなり音楽活動が頓挫する。すぐにメンバーの一人が脱退してしまうのだ。残されたのはギタリストとキーボード担当の佐藤だけ。バンド活動を目指していたふたりはメンバー探しを始める。
「バンド活動への強いこだわりがあったんです。やっぱりバンドブームを経験していたから。でも、なかなかメンバーが集まらない。結局サティアグラハとしてのメンバーが揃うまで2年かかりました」
 メンバー集めに時間がかかったのは、音楽活動へのこだわりから。ポップスをベースにワールドミュージックを加えた独自の音楽性に共鳴してくれるミュージシャンを探していた。
「せっかく一緒にバンドを組むんだから、演奏する音楽が好きなメンバーを集めたかった。“本当は別の音楽が好きだけれど、このバンドではバンドの音楽をやる”という人は違うと思っていました。一番難航したのはベーシスト。それでも1992年にはメンバーも集まり、活動がスタートしたんです。結局その時のメンバーは最後まで変わりませんでした」
 ついに始動したサティアグラハ。メンバーを集めた2年間で書きためた楽曲をバンドアレンジし、ライブハウスやレコード会社へデモテープを持ち込む。J-POPをベースにワールドミュージック的なアレンジを盛り込んだサティアグラハの音楽性は、現場スタッフには好意的に受け取られた。
「『曼荼羅』や『エッグマン』では店長さんにも気に入ってもらえて、活動休止まで7年間、ずーっとライブをさせてもらいました。レコード会社もディレクターさんに気に入ってもらえて契約までは行くんです」
 ところが「いざCDを」という段階でGOサインが出ない。現場スタッフの興味を引いた音楽は、残念ながらセールスの可能性を認められなかった。
「契約してもらってもCDが出ないで、そのまま契約期間が切れる。そんな繰り返しでした。当時はバンドブームも終わって、avexやビーイング系など綺麗な打ちこみ系ポップスが全盛期。サティアグラハの音楽性の正反対の音楽が人気だったんです。でも、私たちは自分たちの好きな音楽を変えたくなかった」
 結局サティアグラハはメジャーデビューすることなく、その活動を終えることとなる。

 自分たちの音楽性を変えたくなかったと言う佐藤ひろ美。しかしライブ活動を始めてすぐに最初の転機が訪れる。佐藤ひろ美のボーカル専任だ。
「最初は私とギターの二人で、それぞれボーカルを担当していました。歌わない曲では、私はキーボードやアコーディオン担当。そんな時にライブハウスの店長さんが「女性ボーカルメインにしたら可能性が広がる」ってアドバイスしてくれたんです。そこから私がボーカリストに専念して、もう一人キーボードを入れた6人編成になりました」
 シンガーとして再出発した佐藤ひろ美。このことが彼女の考え方に大きな変化をもたらすことになる。
「それまでは演奏者としてリーダーの求められるように歌ったり演奏したりしていた。自分やバンドをプロデュースするのは自分の仕事ではないと思っていたんです。でも自分がボーカリストに専念し始めることで、どういう歌い方がいいのか考えるようになった」
 佐藤ひろ美の柔らかなハイトーンボイスは、今でこそ多くのファンを魅了している。しかし当時、この声は彼女にとってコンプレックスだったという。
「バンドだったこともあって、もっと低いかっこいい声で歌いたかった。でも次第にこの声で歌える曲もあるんじゃないかと思ったんです。それがアニメ風の歌でした。それで声優をしていた同級生に相談したんですが、当時は歌っている声優さんは一握り。具体的なアドバイスもなく、どうしたらいいのかわからなかった。ただ、その時はずいぶんメンバーにもアピールしていましたよ。私は覚えていないんですが、「アニメのコスプレして歌ったらどうだろう?」とか言っていたらしいから(笑)」
 取り合ってもらえなかったにもかかわらず、アニメ・ゲーム音楽への佐藤の関心は強くなる一方だった。それを後押ししたのが『新世紀エヴァンゲリオン』だ。
「テレビで見て、なんてすごい作品なんだろうと思いました。物語もキャラの造詣もアニメとは思えなかった。そして音楽も凄い。どうすればこの世界で歌えるだろうと考えましたね」

 そして1997年、ひとつの出会い。サティアグラハのキーボーディストが、光画堂スタジオで音楽制作に携わるミュージシャンと親交を持った。佐藤はさっそく音源を持って会いに行く。
「サティアグラハの音楽をものすごく気に入ってくれて、アルバムをプロデュースしてくれることになったんです。でもお礼をしたくてもお金はないですから、音楽制作などでお手伝いをするようになりました。そこでアニメやゲームの音楽がどのように作られるかを初めて知ったんです」
 それまではメジャーデビューして、タイアップをもらわなければゲームやアニメの音楽に携われないと思っていた。しかしサティアグラハでゲーム音楽の仕事を受けるという方向性もあったのだ。新しい可能性を見つけた佐藤。しかしそれに反して、メンバーの気持ちは音楽から離れ始めていた。モチベーションも下がり、楽曲制作も滞りがちになるサティアグラハ。そんな中で佐藤の音楽への想いは募る一方。
「30歳までに形にならなければ実家に帰って、音楽は趣味にしようと思っていました。だからそれまでは頑張りたかった。でもメンバーの気持ちは離れているのが分かるんですよね。そんな中でアルバムを作り、コミケで委託販売するんです」
 1999年のコミケ。CDを置いてもらうお礼に売り子をしていた佐藤ひろ美は、新作ソフトのシンガーを探していたフロントウイングの山川竜一郎社長と出会う。
「他の人が作った曲をソロで歌う。そんなことは考えてもいませんでした。サティアグラハで成功することだけ考えていた。だから山川さんの申し出は、ものすごくショックでした。そこで初めて、自分がソロデビューするということに向き合ったんです」
 佐藤ひろ美の新たな歩みは、この時に第一歩を記したのだった。


んな中で佐藤の音楽への想いは募る一方。
「30歳までに形にならなければ実家に帰って、音楽は趣味にしようと思っていました。だからそれまでは頑張りたかった。でもメンバーの気持ちは離れているのが分かるんですよね。そんな中でアルバムを作り、コミケで委託販売するんです」
 1999年のコミケ。CDを置いてもらうお礼に売り子をしていた佐藤ひろ美は、新作ソフトのシンガーを探していたフロントウイングの山川竜一郎社長と出会う。
「他の人が作った曲をソロで歌う。そんなことは考えてもいませんでした。サティアグラハで成功することだけ考えていた。だから山川さんの申し出は、ものすごくショックでした。そこで初めて、自分がソロデビューするということに向き合ったんです」
 佐藤ひろ美の新たな歩みは、この時に第一歩を記したのだった。